FamiPayとは?

コラム | ミニコラム

―旅行のプロもおススメ!― パッと広げてリラックス。旅行や出張など、長時間の移動を快適に!

投稿日 | 2019年8月16日

どこでも足座楽

夏休みや年末年始などの大型連休を利用して、普段なかなか行けない場所へ旅行する方も多いでしょう。

楽しみな反面、長時間の移動による足のむくみやだるさに、不安を抱えてはいませんか。
せっかく旅行に行くのなら、目的地に着くまでの時間も快適に過ごしたいですよね。

そんなときにおススメなのが『どこでも足座楽』!
旅行ジャーナリストの村田和子さんもおススメする、長時間の移動でも足が疲れにくく、持ち運び可能な折りたたみ式の足台です。

どこでも足座楽

旅行だけでなく、出張などでも活躍してくれるので、長時間の移動が多い方は1つ持っておいて損はありません。

それでは、さっそく『どこでも足座楽』の特長をみていきましょう。

足の疲れやむくみを解消!ロングフライト症候群の予防にも!

長時間の移動は、どうしても足に疲れが出たり、むくんできたりしますよね。
常に広々とした席に座れたらいいのですが、飛行機や新幹線の座席のクラスを上げるのはお金がかかりますし、車では広いスペースを確保するのも限界があります。

また、長時間座ったままでいると血流が悪くなり 「ロングフライト症候群」(エコノミークラス症候群)のリスクが高まるともいわれています。
ロングフライト症候群の予防には、適度に身体を動かすことが重要ですが、移動中だと自由に動いたり歩き回ることはなかなか難しいのが現状です。

そこで、ポイントとなるのが「足を高い位置に置く」ということ。
『どこでも足座楽』なら20cmほど足の位置を上げられるため、太ももにかかる負担を軽減し、ロングフライト症候群の予防に繋がります。

また、トイレが近くなることを気にする方もいますが、水分補給もロングフライト症候群の予防には効果的なので、忘れずに水分を摂るようにしてくださいね。

折りたたんで持ち歩けるので、いつでもどこでも使えて便利

どこでも足座楽

『どこでも足座楽』の特長の1つは、どこにでも持ち歩けるその大きさ。
折りたたむとB5ノートサイズなので、長期の旅行や出張でもかさばって荷物になるという心配はありません。

また、重さは約200gで、大きめのスマホと同じくらいで軽量です。

大きさ・重さもほぼ気にならないコンパクトサイズだからこそ、飛行機はもちろん、電車や車、バスなどでも活躍してくれるでしょう。
床で広げても場所を取らないため、隣の席の人に気を使うこともありません。

どこでも足座楽

ちなみに折りたたんである状態から広げるのもとてもカンタン。
底面を広げれば三角形の状態で自立してくれるため、必要なときにパッと広げるだけ。
高さは20cmなので、ヒールが高い靴でなければ、広げた『どこでも足座楽』の中に履いていた靴を収納することも可能です。

足裏マッサージでさらに効果アップ!

どこでも足座楽

さらに『どこでも足座楽』は足をただ置くだけではなく、三角形の山の部分で足裏をマッサージすれば、血流もよくなり、むくみの防止につながるので、ロングフライト症候群の予防にさらに効果的だそう。

旅行や出張は歩く時間も多いので、目的地へ着くまでは、できるだけ足の疲れは出ないようにしたいもの。
足の疲れやむくみを感じる前に靴を脱ぎ、リラックスした状態で『どこでも足座楽』を使いましょう。

また、旅行や出張での移動時だけでなく、自宅や職場で使うのもGOOD!
デスクワークで同じ姿勢が長時間続くとき、自宅の書斎で仕事をするとき、リビングでソファに座ってくつろぐときなど、さまざまな場面で活躍してくれます。

コンパクトサイズでどこにでも持ち歩ける『どこでも足座楽』を、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

旅行楽 どこでも足座楽 おはよう日本 脚の疲れ むくみ 足台 旅行
旅行楽 どこでも足座楽 おはよう日本 脚の疲れ むくみ 足台 旅行

詳しくはこちら

コラム一覧へ

コラム一覧へ